4階スキップテラスでの田植えについて

【水田の景】田植えについて

東京ポートシティ竹芝ではスキップテラスを中心に、「空・蜂・水田・菜園・香・水・島・雨」から成る「竹芝新八景」を整備し、都市の生物多様性の保全に貢献すると共に理解向上のための場として活用しています。
さらに取り組みのための拠点【竹芝UBC(Urban Biodiversity Center)】を設置し、環境教育・地域交流・情報発信を行っております。

八景の一つ【水田の景】として、4階スキップテラスに稲を育るための水田を設置しています。
水田は景観の向上、食料供給、貯水による防災、生き物の生育・生息地など多面的機能を有しており、現代まで日本の歴史とともに存在してきました。
建物の温熱環境改善効果も期待できる当ビルの水田では、化学肥料を使わない環境にやさしい自然栽培を行っております。

今年は5月22日(土)に農家の方の指導の下、ビル関係者で田植えを行いました。
苗が均一に植付られるように木の型枠を利用し、横一列に並びながら田植をしました。
今回利用した苗は静岡県産のマンゲツモチという品種で、秋に収穫を予定しております。
当ビルでは田植えや収穫といった農業体験を通して、都市水田での生物多様性の保全と農育・食育の活動に取り組んでいます。
また、収穫した米や稲わら等を活用したイベント、ワークショップを通じて地域の活性化を図ると共に、
当ビルで勤務されているオフィスワーカーや地域の方の憩いの場となるよう活動してまいります。

アクセス

東京都港区海岸一丁目7番1号